【AVA】CRC556【アヴァ】

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

AVA大会に向けての考察 by CRC.うにゅほ

この記事を読む前にいくつか、覚えていてほしいのは、自分が書いていることはあくまで概念だったり、理論的な話になる。

具体的にああした方がいい、こうした方が良いではなく、
こういうことを頭に入れて動きを調整していく。

そうすれば確実に上達は約束できる。


だが、あくまで概念というのは、その場でパパッとできるのではなく、
反復練習のように、ジワジワとゆっくり変わって変化が訪れるものであること。

それと、国語力が非常に低いので、とても、そう、とてもヨミヅラーイ文章になってるが。
そこはうにゅほクオリティということで見逃してもらいたい。


各個人でやるべきこと。
■AIMの向上 
言わずもがな、AIM向上に役に立つのは

 殲滅(コールドケース)
 AI(HSラインの意識)
 shoot(フラッシュゲーム、反射で打つ練習になり、同時に反射神経も鍛えられる) 

ひたすらに打ち合いのサイクルをあげて場数をひたすら踏む。

■野良護衛
野良の護衛のレベルは知れているが、安定して勝とうと思うと結構難しい。
逆に考えると、野良護衛で安定して勝てる方法というといかに全体が押せるか、この一言に尽きる。
極端な例を挙げれば、体力フルの素人VS瀕死の上級者、このパターンを多く創れれば素人でも戦力として数える事が一応できる。
つまり何を考えて動いてほしいのかというと

1.全体の人の動きの把握
2.敵の流れてくるルートを掴む
3.戦況の一手先を読む
4.有利位置、不利位置、スモークの位置、等の細かい所の把握


一個ずつ説明していくと。

1.全体の動きの把握
→VCもなく、自分の目から入る情報で大半を管理しなければならない以上相当難しい。
だが、8:8の大人数でこれを把握できるようになると、味方をフォローするには、どの位置からどう動けば良いのか、そこらへんまで読めるようになる。
だが味方8人だけの動きの把握ならそんなに時間はかからない。
一番把握するべきなのは相手8人。
もちろん、全員の動きを詳細に読め、なんてチートじみたことは言わないわけで。
そこで2に続く。


2.相手の流れてくるルートを掴む

→実際には5:5だからバラバラで動いてくるはずだが、護衛でもルートはかなり絞られる。
一人が打ち負ける、打ち負けたところに敵は何人いたか。それを把握できるようになりたい。
クラン戦ならばVCのおかげでかなり把握しやすい。

CRCのメンバーの大半に言える事だとは思うんだけど。
ライダスでの例を一つ

第一守りにて
「アート2」
この単語一つでどこまで想像するか。
一応アートに二人入った事を指す単語ではあるが、ここでの大半の考えが「アートに二人いる」多分ここで思考が止まっているはず。
だけど、ここで大きな差が生まれる。

アートに二人=他に3人いる

文章で起こすと非常に滑稽なことではあるが、これを試合中に思い起こすのは地味に難しい。

アートに二人入ってきました

それはつまりGSに一人、戦車周りに一人、アイス上に一人、アイス通路に一人。
実際にどれかまではわからないのだが、ここでクラン戦の基本を思い返す。
全員基本は1or2人で動いている、となれば他はくぼみ、や戦車周りにいる確立が高い。
もちろん、戦況によって違うこともあるが、相手がうまいほどそういう流れになってくるはず。


以前、某有名クランがこんなことを言っていた。
「○○とれば勝てるは野良まで」
ただ単に有利位置とは、有利が取れるだけの場所であって、必勝とは程遠いところである。
もちろん、勝率が上がるなら是非とりたいところであることには違いないが。
取られても勝つことは、十二分にできる。
大事なのは、不利位置という意識を捨てること。
少しでも、ここ不利な場所だからとかの意識を持つと、無意識的に行動に出る。
実際には一発当てれば良いような状況で、普段なら当てれるようなところでもはずしたりという
ミスをしやすい。だから、妙な苦手意識を持たないことが大切である。


話がずれてしまったが戻して簡潔に書くと。
敵が居る位置を把握した後、どこに他の敵がいるか。
それを把握するために相手が通ってくるルートを見つける事が必要となってくる。

そこまで読めるようになってくると戦況の全体像が少しずつみえるようになってくる。
そうなれば自分の持ち場以外での状況を聞くと自分の方に何人くるかが読める。
それができれば勝率は確実に上がるだろう。


3.戦況の一手先を読む
→相手を知り、自分を知れば百戦危うべからず。(だったか?)という諺があるように、敵の戦力、自分の戦力を、きちんと把握することは非常に大切である。
即座に相手の実力を把握し、自分がどう対処すればいいか、これが大切になってくる。

相手より自分が上回っていれば多少のゴリ押し気味になっても押し込めるが、対等だった場合、きちんと有利位置を取って自分が落ちる可能性を少しでも減らす。

自分が相手より劣っていれば無理に戦うのではなく、完全な有利位置で待ってみる、もしくは自分が落ちるまでの時間を稼ぐ。

当たり前だが、戦闘に参加してる人数が多いほどいい、たとえ4人とも瀕死であっても相手にはただの4人に見える。そこらへんも踏まえて動けると良い。


一手先を読むということは、味方と相手の戦力を把握し、ここが脆いかもしれない、
こっちの弱点はここになるかな。というのをある程度、考えて行動できるようになること。
もちろん、無理にフォローしに行くのではなく、あくまで頭にその考えを入れておくだけでいい。
どの行動も、焦ったら簡単に崩れる。それが上級者同士ならなおさらである。
だから、考えに最悪なパターンも含めておき、突然、最悪なパターンが起きてもフォローできる気構えが大事である。
考えにいれず、最悪なパターンが発生し、焦って行動して落ちるなどは愚の骨頂といっても過言ではない。

戦況の一手先を読み、次にどのような行動が起こるか。そこまで読めるようになってくると、今度は対処が早くなる。そうなると、一度崩されても復帰が早くなる=守りが堅くなる。


4.細かい場所の把握
→説明するまでもないが、ひたすら場数やら人のプレイみるやらで細かい有利位置の把握。
もしくは自分にとっての有利位置の把握をしていく。
心理的な作用というのは非常に大きく。
慣れていると、有利位置でなくても妙にうまく動けたりする。
逆に不慣れだと、有利位置ですら簡単に打ち負けたりする。
ここらへんはひたすら場数を踏んで慣れるしかない。

意外と見落とされてるが、一人で、戦況をシュミレートして動いてみるのはなかなか良い練習になったりする、敵がいないというプレッシャーが一切ない状態でほっつき歩いてると、意外なところに便利な場所があったりする。打ち合いを頭に置かなくて良い分周りに目がいくのかなぁと思っている。

それと一人でHSラインの目印を立てておくのも非常に有効、これは実践で顕著にでる。
オブジェクトを目印にしてそこに置くようにするというのを落ち着いた状態で組み立てて、実践で鳴らしていくと、体が覚えてくれる。
大会に間に合わせるとなると、少なくとも自分が担当するポジションぐらいなら一通り体にしみこませることができるはず。


以上は野良で個人でやってほしいこと。極力VCに頼らず戦況の把握。
もしくは二人、三人で組んで8:8護衛の全体把握。(連携の練習になるからお勧め)


☆チームとしてやってほしいこと☆

「余計な発言を言わない」
・癖として染み付いてる(自分もそうだが)やられた時に「ゴメン!」等の発言は不要である。

謝罪は終わったあとでもできるが、試合中はそんな事特に言う必要はない。
若干殺伐とするのかも知れないが、そこらへんはお互いの性格をある程度わかってる以上大した問題ではないかなーとは思う。とはいえ、あくまで出来たらぐらいでいいかもしれない。

「励まし合う」
・1試合30分程度かかる護衛において、テンションを維持し続けるのはいかに集中してようと難しい。
特に、相手になかなか打ち勝てず、場所も取れないような状況だと気持ちが自然と萎えていく。
そうならないように、若干劣勢になったりしたときは、できるだけ明るくドンマイやら、簡単な励ましを入れてあげれるようになると、全体の士気が上がり、しぶとい動きが出来るようになる。
そして、一辺崩されても、即座に、まだまだいける、一辺落ち着こうか、みたいな一言を全員が投げれるようになると更に良い。

一番やっちゃいけないのは妙な暴言言い換えれば-な発言「クソガッ」みたいな感じの発言だったり、イライラしながら発言したり。
ここらへんは確実に士気が落ちるといっても過言ではない。

いかにスコアが低かろうがそれは自分自身の話であって、チームの事を考えて行動していればスコアは特に気にしなくなる。

士気の維持は簡単そうに見えて、劣勢状況で30分間維持しようと考えると非常に難しい。
だからこそ、全員で声を掛け合って維持していきたい。



後は、連携などをできるだけ整えてく事が大事だと思う。


と、こんな感じでグーダグーダ書いていきましたが、書いたことで不明なことや、わかりにくい事があれば是非コメントください。なるべくわかりやすく説明しようと思います。


長文読んでくださってありがとうございました。


大会頑張りましょう!                   

                                   CRC.うにゅほ

| 雑記 | 13:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

良い事書いてるね~
意識高めて頑張って練習するわ!

| CRC.Hu$tLe | 2011/03/04 13:56 | URL |

やるやないかい!

| CRC.ラーメンコショー | 2011/03/04 17:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crc556.blog89.fc2.com/tb.php/42-2f36025f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。